井之頭病院の採用募集に抵抗感はあるか?

誰にだって嫌いな人の一人や二人いるのではないのでしょうか。
その嫌いな人を共有するといじめになり、より多くの人数で行えば、差別となります。
昨今は、口を開けば「共有」「シェア」とばかり聞き、閉口してしまうのですが、
負の共有もあることを忘れないで頂きたいものです。
例えば、近所の井之頭病院が採用を募集していますが、
井之頭病院はアルコール依存治療を行う場所で通常の病院と
少々事情が違います。
が、こういう少しの抵抗感も差別に繋がる要因にもなります。
区別と差別をひとりひとり理解することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です